貿易事務についてのスキル

貿易事務に関する資格

英語

貿易事務に必要な資格とは

貿易事務に絶対に必要な資格はありません。しかし、持っておくと有利な資格はいくつかあります。まず、第一に客観的に判断できる英語の資格は必須といえるでしょう。TOEICや英語検定などを持っておくと面接の際にも採用されやすくなります。他にも通関士試験や貿易実務検定試験などの貿易に関係する資格は持っておくと有利に働きます。チャンスのある方は取得に向けて勉強すると良いでしょう。

貿易実務検定とは

貿易事務でとっておくと有利な資格の1つである貿易実務検定は貿易関係の資格の中でも人気です。この貿易実務検定は、C級からA級まであり、まずはC級を取得することが一般的です。具体的には貿易に関する条約や貿易の仕組み、流れなどが出題されます。また、英語での問題も出題されるため、貿易の知識だけではなく英語力も同時に必要になる資格です。

貿易事務についてもっと知りたい

貿易事務に必要な資格の他にも、貿易事務で身につくスキルをチェックしてみましょう。貿易事務についての知識をさらに深めましょう。

貿易事務で身につくスキルベスト3

no.1

英語能力

貿易事務で一番身につきやすいスキルは、英語能力です。貿易事務の仕事をするためには、始めから高レベルの英語能力が必要とされますが、実際に仕事を始めるとさらに英語を使う環境に置かれることになるため、いやでも英語能力が上がります。

no.2

貿易に関する知識

次に身につきやすいスキルは貿易に関する知識です。貿易事務はその名の通り、貿易に関係する仕事をメインにしているので、輸出入や貿易に関する知識が豊富に身につきます。世界中で輸出入が行われており、輸出入無しでは経済が回らない現在ではこれらの知識をつけておくことは損にはなりません。

no.3

事務処理能力

事務処理能力も貿易事務でスキルアップすることができます。貿易事務では、数多くの事務処理をする必要があります。そのため、自然とパソコンスキルや事務処理の能力はアップします。これらの能力を身につけると、どこにでも通用する人材になりやすくなります。