やりがいのある仕事がしたい

世界と日本を繋ぐ仕事

日本はさらにグローバル化が進んでいて、貿易事務の仕事は一昔前よりも重要な仕事になっています。海外と日本をつなぐ大切な役割を果たす貿易事務についての仕事内容や基礎知識を勉強しましょう。

もっと知りたい方へ

英語

貿易事務に関する資格

多くの方が気になることが貿易事務の資格についてです。貿易事務の資格について知りたい方はこちらをチェックしてみましょう。また、この記事では貿易事務の仕事を通して身につく能力も知ることができます。

READ MORE
ウーマン

貿易事務の基礎知識

海外と取引をしている職種や企業はたくさんあるため、貿易事務の仕事は多くの職種と関わる機会があります。どの職種と関わっているかによって貿易事務の仕事内容も少し変わります。この記事を読むと、貿易事務と関わりやすい職種や貿易事務に最適な人などについて学ぶことができます。

READ MORE

英語が活かせる職種ランキング

no.1

商社

数ある仕事の中でも一番英語が活かせる職種は商社といえるでしょう。商社で働く形は様々ですが、多くの商社マンは、世界中と取引することがメインとなります。世界で使われている英語でのコミュニケーションがとれなければ商社で活躍することは難しいでしょう。

no.2

貿易事務

次に英語を活かしやすい仕事は貿易事務です。貿易事務は世界中の企業と輸出入に関する取引をしなければならないので、英語スキルは必須です。また、ビジネス英語の他にも、貿易に関する専門用語の英語も覚える必要があります。英語を使って仕事をしたい人にはうってつけの仕事といえます。

no.3

外資系ホテル

海外からのお客様とコミュニケーションをとる外資系ホテルのホテルマンも、英語が活かせる職種です。外資系ホテルには各国からたくさんのお客様が訪れるため、英語意外にも複数の言語を使える人が求められます。その中でも英語は最低限必要とされる言語です。

貿易事務ってなに?

求人

貿易事務の仕事

貿易事務の主な仕事は名前の通り輸出入の貿易に関する事務業務です。日本国内外の貿易に関する業務はメーカーや商社に多くあり、そこで働いている人が多くいます。具体的な仕事内容は、輸出通関書類の作成や、運送便の手配、商品の輸出入監理などが挙げられます。この仕事では、海外のスタッフや現場の作業員と関わることも多いため、コミュニケーション能力は非常に重要な能力になります。また、ほとんどの貿易事務の求人が日本語だけではなく、英語での読み書きと会話ができることが必須条件になります。

未経験でも募集している

貿易事務の仕事は未経験の方でも募集されているケースが多くあります。しかし、もちろん未経験者でも英語のスキルは必須でTOEICや英語検定などで自分の英語レベルを伝えられる資格を持っている必要があります。他にも、事務作業で重要なパソコンスキルや事務処理スキルはある程度のレベルに達していないといけません。面接では、この英語を含めたコミュニケーションレベルと事務での仕事レベルをアピールする必要があります。また、この貿易事務での男女比は男性・女性ともほぼ同じでどちらの性別でも就職しやすいという利点があります。